紫外線でシワが増える仕組み

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

紫外線の影響で皮膚のエラスチンが変性

皮膚の光老化、また、紫外線の影響による酸化障害によってもシワが増え皮膚が老化する原因となりますが、これらは、一般的には慢性紫外線障害と呼ぶそうです。

日光に長い年月さらされていると、皮膚の結合組織(エラスチン、グリコサミノグリカン、コラーゲン)の変性が特に現れやすくなります。

ヒトの皮膚が紫外線の影響で老化する時、まずは、エラスチンの合成が起こり、ゆっくり進行しながら分解されていきます。すると、エラスチンの繊維が不規則な形となり、更に、コラーゲンがクロスリンクする事も相まって、いわゆるシワとして現れてきます。

紫外線の影響でエラスチンが本来の状態を保てなくなってしまう事をきっかけとしてシワができるのが、光老化の一つの原因だとわかります。

ヒトの体にも修復機能が備わっているので、日光を避けて紫外線が皮膚に照射されなくなると、光老化によって損傷した部分が次第に回復するそうです。

この時、コラーゲンを含む真皮組織が形成されます。
なので、光老化をあまり悲観的に捉えなくても良いのかもしれません。

ですが、その修復能力にも限りがあります。

紫外線にさらされる事が増えてしまったり、または、構成するコラーゲンの供給量が不足してしまう。そして、体内で発生する活性酸素の影響などによって修復が遅れてしまう事も考えられます。

すると、シワは修復される事無く、老化が進行していく恐れがあります。
こんな時にも、体内から皮膚の老化を防ぐ為にヘリオケアのように皮膚に有効とされる抗酸化成分を補う事で、ようやく修復できる準備に繋がるのかもしれません。