紫外線の種類と肌への影響

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

UV-A・B・Cの三種類の特徴

太陽光のおよそ6%の紫外線が含まれているそうですが、波長の長さによって以下のように違いがあります。

  • UV-A:(315~380nm)
  • UV-B:(280~315nm)
  • UV-C:(200~280nm)

UV-A:(315~380nm)
…太陽光線由来で大気を通過する紫外線(6%程度)のうち、大半を占める5.6%にあたるそうですが、三種類の中で最も可視光線に近い波長で真皮まで届き、タンパク質の変性を起こすきっかけとなるそうです。

つまり、シワやたるみ(光老化)の原因になるという事です。
エラスチンやヒアルロン酸の生成に関わる線維芽細胞を損傷してしまう事で肌の衰えに関与しているだけでなく、活性酸素を発生される原因でもあるそうです。

活性酸素も細胞を傷つけメラニンの生成を促す事に繋がっていきます。

UV-B:(280~315nm)
…太陽光線由来で大気を通過する紫外線のうち、0.5%がこれに当たるそうです。
こちらは、真皮の上の表皮層に作用します。これをきっかけとして、皮膚細胞を守る為にメラニン色素の生成が促されます。

ちなみに、UV-Aと比べて人体に与える影響は、600倍以上にもなるそうです。

UV-C:(200~280nm)
…上記二つと異なり、オゾン層で弾かれるので、皮膚まで到達する心配は無いそうです。ただし、環境汚染によりオゾン層が薄くなる事を踏まえると、将来は、対策が必要となってくるかもしれません。

このように三種類の紫外線があります。

まず、真皮に届くだけでなく、活性酸素の発生にも影響するUV-Aが一番よろしくない事がわかりますが、飲む日焼け止めサプリメントという意味合いからすると、どちらの紫外線も侮れませんね…。