紫外線が活性酸素の生成を誘導する

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

細胞を直接攻撃する活性酸素を防ぐ働き

活性酸素は、紫外線などとも関係の深いものですが、実は、これ自体は、体を守る為の反応として発生するものでもあります。

悪い菌や紫外線などを退治しようとして、発生するのです。

でも、力が強いので、余力で私たちの体の細胞自体も攻撃してしまいます。
しっかりと必要な量が数字で管理されていたら安心ですが、何でも、少し多めに出しておかないと、体の防衛機能としては良く有りません。

なので、どのみち、活性酸素が残ってしまい、自分の細胞を攻撃してしまうのは避けられないのかもしれません。

そして、これが繰り返される事で細胞は、弱り、シミやくすみ、シワやたるみを起こしやすくなっていきます。

紫外線を浴びる。
紫外線を除去する為に活性酸素が発生する。
発生した活性酸素の影響で細胞が傷つく。

紫外線の影響をこれ以上受けない為に、メラニン色素が増える。
シミやくすみとなる。
そうして、弱った細胞は、代謝能力が衰えて老化していく。

それもこれも紫外線が発生してもそれを除去できるのが活性酸素という攻撃的な防衛対策に限ってしまうからです。

その点、ヘリオケアの主成分であるフェーンブロックを用いれば、発生した活性酸素を除去する事ができるので、余力によって細胞が傷つけられるのを防ぐ事ができます。