経口摂取で日焼け予防が可能な仕組み

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

紫外線により発生した活性酸素を無力化

夏の日差しで対策を怠っていると、シミやシワの原因となりかねません。
気温が高く日差しが強いいと紫外線のダメージが深刻になりやすいものですが、日焼け止めを敢えて使わないという人も少なくないようです。

ただでさえ、暑い夏の季節にベタベタ塗りたくないというのが本音のようですが、やはり、塗るタイプの日焼け止めは、直接紫外線をカットしてくれる反面、使い勝手に関しては、いまいちなのは一度でも使うと実感するものです。

お気に入りの洋服に日焼け止めクリームがついてしまうと、洗うのも気を遣います。

そんな時でも、ヘリオケアなら経口摂取するだけで日焼け止めクリームと同じように紫外線による悪影響を防いでくれます。

ただ、従来の日焼け止めとヘリオケアでは、紫外線への働きかけ方は異なるのですが、この違いがあるからこそ、経口摂取するタイプの日焼け止めという方法が可能となっているのかもしれません。

というのも、飲む日焼け止めは、紫外線により発生する活性酸素を働きを無力にしてくれるからです。

紫外線は体内にフリーラジカル(活性酸素など)を発生される要因となりますが、何も処置していないと、フリーラジカルが細胞にダメージが加えられ、そのダメージから細胞を守る為にメラニンが生成されます。

これが、細胞が入れ替わっても残ってしまう事でシミなどの原因となりますが、ヘリオケアの成分であるフェーンブロックが体内に有る事で、紫外線の影響で発生したフリーラジカルなどの活性酸素を無力にし細胞を守ってくれるそうです。

結果、細胞にメラニンが生成される事が無くなり、日焼けやシミが増えずに済むという仕組みがあるようです。その効果も目を見張るものがあり、実際に夏が終わった後に生じるシワやシミの数や度合が、とても少なかったり軽かったりしたという結果が出ているようです。

また、日焼け止め効果を得るためには、何か月も飲み続ける必要は無く、日光に晒される30分程前に飲んでおけば足りるのだとか。

使い方も簡単。
というか飲み方も30分前に一錠で事たるというのは、手間が無くて楽です。

更に、ヘリオケアの有効成分は、植物成分である事もあり、副作用の心配も無いため、日本でもこのヘリオケアの人気は上がっているとの事です。実際に、人気があり一人あたりの購入が限定されているので、それだけ人気なのだとわかります。

また、夏場の日差しもそうですが、冬場も実は紫外線が強い事を考えると、ウィンタースポーツなどは、雪による照り返しなど有り結構日焼けしやすいもの。そんな時にも活用できるとなれば、年中手放せないアイテムの一つとなりそうです。