スペイン発祥で意外と長く販売している

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

かれこれ15年近く前から売られていた

2002年にスペインの”Industrial Farmaceutica Cantabria社”という製薬会社から発売開始されたヘリオケアですが、最近では日本でも人気となってきています。
成分配合量を抑えた日本限定の製品もある位、需要の高まりを感じます。

このヘリオケアというのは、一体どういった薬なのかと言うと、経口摂取するタイプの日焼け止めで、よくあるクリーム状のものではなく、錠剤の形をしています。

この事から、飲む日焼け止めと言われています。

確かに、毎日何回もベタベタ日焼け止めクリームを塗るよりも、飲んで済むならそっちの方が断然楽ですね。正確に言えば、日差しを浴びる30分前に飲んでおけば、紫外線による肌のダメージを防ぐ期待が持てます。

しかし、その効果の下には、一体どういった仕組みがあるのでしょうか?

メインとなるのは、フェーンブロックという天然シダエキスPLEに含まれる成分。

この成分には、抗炎症作用に加えて紫外線を浴びることで生まれる、肌のダメージの原因となる活性酵素を破壊する作用もあるため、日光に晒されても事後的に紫外線のダメージを無しにしてくれるのだとか。

また、フェーンブロックは植物成分でフェーンブロック自体による人体へのアレルギー症状を除けば、基本副作用が生じる心配は無く、それは子供でも同じとのことでした。

今まで、日に焼けた後にシミやくすみ、シワとなっていたものが、ヘリオケアを飲むようになると防ぐ事が出来る期待が持てますが、だからと言って頼りすぎてしまわないように、天候に合わせて塗るタイプも併用しているケースもあるようです。

ヘリオケアだけでも大丈夫という声も見かけますが、両サイドからケアすれば、確実性も高くなるのはいうまでもありません。