日焼け止めを飲む感覚に抵抗がある・・

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

どうしてもケミカルを飲むイメージをもたれがち

年齢が増すにつれて肌の代謝機能は衰えます。
すると、今までは紫外線のダメージでもシミやシワにならなかったものが、一つ増え、二つ増え、次第に目立つようになってくるものです。

少しでも日焼け止めクリームを怠ろうものならあっという間に日焼けして大変な目に遭います。しかし、日焼け止めクリームって、やっぱり面倒臭いと思います。

暑いのに顔にベタベタしたものを塗りたくないですし、せっかく塗っても汗ですぐ落ちるし、毎日のように塗り続けると逆に肌が荒れてしまう事もあります。それに、忘れたり、使い切ってしまったら、夏の強い日差しの中を長袖で外出という事にも…。

そんな、塗る日焼け止めの煩わしさを解消してくれるとして、最近では飲む日焼け止めも利用されるようになってきている気がします。

効果としては、紫外線による肌のダメージを事後的に軽減してくれる働きがあるのですが、具体的には、紫外線の影響で肌に生じた活性酸素によるダメージを防いでくれるというものです。

紫外線の影響で結果的にダメージを受けた細胞は、メラニンを生成し色素沈着するのを予防してくれるという仕組みなので、ある種の抗酸化成分と言えるのではないでしょうか。

そんな働きがある一方で副作用は、どうしても気にされがち。
「日焼け止めを飲む?」
「それって、ケミカルを口にするという事?」のような誤解です。

また、紫外線のダメージを事後的に除去できる効果がある分、何か体に別の負担を与えてしまうようなイメージを持たれてしまいがちですが、その点は、基本的には心配しなくて良いとのことでした。

詳しく言うと、上記の効果をもたらしてくれるのは、フェーンブロックという成分ですが、稀にアレルギー症状の出る人がいるくらいだそうです。