ヘリオケアの効果を実感しにくいケース

ヘリオケアの正規品を海外から通販するには?

飲む日焼け止めというイメージによる誤解があるそうです

ヘリオケアは、日本でも人気となっているようです。
やはり、使い勝手が良く、いつでもすぐに日焼け対策できる点が大きなメリットである事に間違いありません。

その上、実際に効果を実感しているユーザーの多さが人気の下支えとなっているのではないでしょうか。

ヘリオケアは普通の日焼け止めとは違う飲むタイプの日焼け止めで、尚且つ、日本で製造されているノーブやピュアホワイトと違って、効果の持続時間が1粒につき6時間もあります。持続力が長いので、一日1粒で日焼け対策も可能です。

しかし、その一方で、「ヘリオケアなんて効果ない!」という声も、ごく少数ですが存在するようです。何を根拠にそうなったのかですが、どうも飲む日焼け止めという点にピンときていないみたいなんです。

確かに、日焼け止めと言えば、日光や紫外線から守るために、日焼け止めクリームを塗って肌にバリアをするというイメージです。
そういう意味での日焼け止め効果は、ヘリオケアにはあまりありません。

正確に言うと、抗炎症作用や肌を紫外線から防御する機能は持っているのですが、それはメインでは無いという事になります。

では、どういった仕組みでの日焼け止め効果がメインなのかと言うと…日光や紫外線を浴びることで皮膚内に発生する活性酵素を破壊することで、後々のシミやくすみを防いでくれるといった感じみたいです。

日光にさらされた肌は、まず赤みを帯びてそこから色が小麦色へと変わってくるものですが、ヘリオケアを飲めば、赤みのみで済んだり、紫外線のダメージでシミとならずにやり過ごす事が出来るという要領です。

なので、紫外線をはね除けるという日焼け防止ではなく、紫外線による悪影響を内側からのケアで抑えるという感覚です。